株式会社AT LINER(アットライナー)

お問い合わせ

運輸安全マネジメントの推進

弊社では、輸送関係法令等に基づき「運輸安全マネジメント」を次のとおり推進しています。

1. 輸送に関する安全基本方針

「安全はすべてに優先する」

(1)
代表取締役は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させます。
(2)
輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)」を確実に実施し、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。弊社では、「安全の最優先」「関係法令の遵守」「安全の推進と継続的改善」を安全理念として全社員が一丸となって輸送の安全を確保します。

2. 輸送の安全に関する重点施策

(1)
輸送に関する安全基本方針に基づき、次に掲げる事項を実施します。
  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送の安全に関する教育及び研修に際し具体的な計画を策定し、これを確実に実施します。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
(2)
グループ企業が密接に協力し、一丸となって輸送の安全の向上に努めます。
(3)
管理の受委託に当たっては、受託事業者の輸送の安全の確保を阻害するような行為を行わないことと、更に、受託事業者と長期契約を結ぶ等の密接な関係にある場合は、可能な範囲において、受託事業者の輸送の安全の向上に努めてまいります。

3. 平成30年度の推進状況

(1)
事故の発生状況
人身事故0件(死亡事故)
物損事故44件(自責・他責)
《事故発生場所の内訳》
  • 高速道路…3件
  • 一般道…11件
  • 駐車場【SA/PA等】・車庫内等…30件
(2)
死亡事故に関する検証・対策会議等
  1. 管理者対策…事故直後及び年度末に実施
  2. 乗務員教育…事故以来、随時実施
    ※詳細は別途
(3)
輸送の安全に関する推進計画の実施状況
  1. 乗務員全体研修
    関西地区~前期:6月5日、後期:2月19日
    関東地区~前期:6月12日、後期:12月28日、1月29日
  2. 月例教育の効果測定…各月に実施
  3. インターネット利用の危険予知プログラム受講…随時実施
  4. デジタルタコグラフによる運行記録及び教育…毎運行実施
  5. 定期健康診断…全職員が2回(夏期及び冬期)実施
  6. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査…全乗務員年1回実施
  7. 薬物検査…全職員年1回実施
  8. 運転記録証明の取得…各営業所で全職員分取得
  9. 管理者の各種講習受講…全該当者が受講
  10. 同乗・街頭指導…随時実施
  11. 内部監査…2月~3月中に実施

4. 2019年度「輸送の安全」に関する目標

(1)
死亡・重傷事故の撲滅
平成29年12月3日に弊社のバスが事故原因車となる死亡事故について、運行管理者と運転士、全従業員がその事故を風化させることなくその後に入社したものに伝え、事故原因について改めて考え、この過ちを繰り返すことがないよう尽力してまいります。今後も輸送の安全に取り組み、「死亡・重傷事故の絶無」を永劫の使命といたします。
(2)
事故件数50%削減
昨年度は自責・他責を含め44件の事故が発生しました。このうち駐車場(SA/PA)内や車庫での事故が30件と全体の約68%を占めていることから、令和1年の目標として「車庫内・駐車場内の事故50%の削減」を掲げて参ります。引き続き「安全確認の再徹底」を念頭に、事故削減、最終的には事故「ゼロ」を目指して参ります。
(3)
総走行距離30万kmあたりの事故発生件数1件以下
昨年度の総走行距離は6,757,432km(乗合・貸切)。約15万kmに1件の割合で事故が発生しております。2019年度については、30万キロあたりの事故件数1件以下を目標として参ります。

5. 輸送の安全に関する計画

輸送の安全に関する目標を達成するために、以下の計画を作成しました。

(1)
輸送の安全に関する目標を達成するために、毎月行っている乗務員指導及び年2回行っている乗務員研修において運行管理責任者と取締役との意見交換を含め、輸送の安全に関する研修を行っております。
  1. 関係法令の遵守
  2. 輸送の安全に関する教育の実施(全体教育を年2回・毎月の乗務員指導教育)
  3. インターネットを活用した乗務員教育(「anzen-drive」)危険予知プログラム
  4. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施
  5. 規制薬物使用検査の実施
  6. 停留所、PA/SAにおいての街頭指導の実施
  7. デジタコ式運行記録による評価の実施
  8. 年1回、全社員の運転記録証明書の取得及び確認
  9. 内部監査の実施
(2)
輸送の安全に関する目標を達成するため、必要となる人材育成のための教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、着実に教育及び研修を実施します。
  1. 乗務員教育
    1. 計画に基づいた乗務員指導の実施(毎月)
    2. 停留所、PA/SAにおいての街頭指導の実施
    3. データベース化したヒヤリハット情報の前車共有及びその活用
    4. 乗務員教育(初任教育)及び定期研修(3年毎NASVA実施の一般診断受診後)
    5. デジタコによる安全・省エネ運転の評価
  2. 運行・整備管理者教育(取締役を含む)
    1. 経営管理者への教育(リスク管理セミナー・NASVA安全マネジメント関係の講習など)
    2. 整備管理者の教育(整備管理者講習など)
  3. 飲酒運転防止教育
    1. 飲酒運転防止インストラクター養成講座の受講
  4. 健康管理
    1. 健康診断の受診(夜行運転従事者へ年2回実施)
    2. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査の実施
    3. 規制薬物使用検査の実施

6. 輸送の安全に関する教育及び研修計画

毎月実施する乗務員指導教育と、年2回(6月・12月)外部講師を招いての全体研修の実施

7. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

安全管理系統図

過去の運輸安全マネジメント

乗務員全体研修